多彩なイマジネーションを
一杯のティーカップに込めて…

山田詩子が描く紅茶の世界

cafe

アールグレイ、ダージリン、アッサム…日本でもよく知られる紅茶の茶葉が、おしゃれなパッケージに包まれて有名デパートの棚を飾る。それらの紅茶を買い求める人の多くが、ブランドやパッケージデザインに惹かれて手に取っているのではないだろうか。果たしてどれくらいの人が紅茶の「本物の味」を知っているのだろう。

「紅茶専門店カレルチャペック」オーナー・山田詩子は、ティーテイスターとして、そしてブレンダーとして、その確かな舌と独創的なアイディアで「紅茶の本当の美味しさと楽しさ」を提案し続けている。

ブランドらしさではない、
茶葉の良さを生かした紅茶を追い求めて

girl

山田:「本当の意味で美味しい紅茶の味を知っているテイスターやブレンダーが、日本ではまだまだ少ないと思う」

紅茶メーカーの多くが「ブランドの味」を保持することに注力しすぎるあまり、「品質の良い茶葉をどう生かすか」が疎かになりがちなのでは、と紅茶業界に警鐘を鳴らす。

山田が守りたいもの。それは「カレルチャペックらしさ」ではなく、「茶葉の良さを本当に生かした紅茶」なのだ。

そんな山田が国分寺に紅茶専門店をオープンさせたのは1987年のこと。

大学卒業後には何か「商売」をしたいと考えていた。そんな折、偶然にも素敵な空き物件と出会い、すぐに「紅茶専門店」を始めようと思いついたのだ。

母親がおやつ好きで、子どもの頃は必ず10時と3時におやつの時間があった。幼い頃から、スコーンやケーキに合う飲み物として、自ら選んだ紅茶を飲んでいた山田。

山田:「趣味嗜好は人それぞれ違うもの。でも味覚については誰もが『美味しいものが好き』で共通しているでしょ。だから私にとって身近な嗜好品の紅茶を商売にして、マニアックにこだわっていこうと思ったんです」

幼い頃から「紅茶」は生活の中にあったと話す山田が、ビジネスとして紅茶の世界に手を伸ばしたのは、ごく自然な流れだった。

「最高の一杯」のその先へ海外の茶園で確認する「味と人」

「紅茶の味にとことんこだわりたい」。そう言い切る山田は、多い時で1年に5回、インドやスリランカなどの海外の茶園に自ら足を運ぶ。

滞在中、100杯もの紅茶をテイスティングする日もある。ティーテイスターの仕事は五感が勝負。豊富な知識と経験がなければ、微妙な味と香りの変化を見分けることはできない。

山田にとっての茶園訪問は、紅茶の買い付けや商談だけではない。茶園で働く人とのコミュニケーションを図ることも大切な目的の一つだ。

茶葉の良し悪しはその年の天候だけでなく、生産者の「人」にも大きく左右されるという。

「普遍的に美味しい茶葉は存在しない」と山田は言い切る。美味しい茶葉を作るのは自然と人。もちろんその年の雨量や気候も茶葉の味に大きく関係するのだが、何より「作り手」の技術やモチベーションも影響する。だからこそ、茶葉を作る人を確認することもテイスターとして欠かせないのだ。

山田:「そもそも日本と海外とでは、軟水か硬水かの水質から違うでしょ。もちろん気候も違えば、紅茶の飲み方だって違う。インドのようにお砂糖をたっぷり入れて飲む習慣の国もあれば、イギリスのようにミルクを入れるのが当たり前の国もある。でも日本はストレートで飲む人も多いでしょう?」

「この茶葉をストレートでも美味しく飲めるように改善したい」「軟水でも美味しく抽出できるように改良したい」と、海外の茶園でテイスティングをするとき、常に頭の中にあるのは、「日本のお客さまに最高に美味しく飲んでもらうにはどうしたら良いか」。

より美味しい一杯のために「もっと」「さらに」と、茶葉の生産者に課題を投げかけ、時に一緒に悩み、さらなる良質の一杯を生み出していく。

消費者目線で紅茶を味わうテイスティン
グ方法「カスタマーズ・ウェイ」

  • cafe

    東京・吉祥寺の本店二階には、日当たりの良いサンルームのような部屋がある。ここは海外で買い付けた茶葉の香りと味を確認するテイスティングのための部屋。ずらりと並んだ紅茶の茶葉を前にした瞬間、山田の目つきが変わる。

  • cafe

    ここで行われるのは、神聖でクリエイティブな作業だ。ひとすくいの紅茶を空気とともに、「ズッ」と音を立てて上顎に叩きつけるように吸い上げる。腔内で紅茶を霧状にすることで、香りと風味を正確に判断できるのだとか。茶葉の味を確認し、どのようなブレンドにするかの商品イメージを検討していくのだ。

  • cafe

    続いて山田はティーカップを用意した。「カスタマーズ・ウェイ」という、お客さまの気持ちと立場で紅茶を味わう独自のスタイルで、改めて香りや風味を確かめるためだ。

山田:「ティーサロンで誰かとおしゃべりしながら、一杯の紅茶を30分や1時間かけてゆっくり飲むこともあるでしょう。冷めた紅茶でも美味しく飲んでほしいから、お客さま目線でのテイスティングは欠かせません」

専用のテイスティングカップでテイスティングした時は美味しく感じた紅茶が、ティーカップで飲んだ時や冷めた状態で飲んだ時には、別物のように味が変わることもある。

山田:「茶園で飲んだ鮮度の高い紅茶の美味しさを、いかにお客さまのティーカップの中で表現できるかに全力をかけているの」

「失敗した」そう思うこともたくさんある。しかしそんな失敗も全て山田自身のキャリアとして消化しているのだ。

技術、経験、知識の全てを
一杯の紅茶に注ぎ込む

  • tea_store

    山田の肩書きは一行では収まらない。ティーテイスター、ブレンダー、クリエイティブディレクター、そして絵本作家。

    カレルチャペックの紅茶のパッケージには全て山田のイラストが添えられている。もちろんイラストも紅茶の世界を表現するためのアイテムの一つ。茶葉の美味しさ、スパイスや香料とのブレンド、パッケージイラスト…山田の技術と知識と経験が層になって生まれる紅茶には独創的な世界観が込められている。

  • store

    創業当時からある定番商品「ガールズティー」は、大人の女性のためのお茶会をイメージしてブレンドされたフレーバーティー。ピンク色のパッケージに描かれた二人の女の子のイラストや、ジューシーなストロベリーの香りは、何歳になっても「若さ」や「かわいい」ものを好きでいたいという女性の気持ちを満たしてくれる。かわいくて、楽しい。でもそれは10代のあどけないハイテンションなものではなく、どことなく懐かしい「ノスタルジー」を感じさせるものだ。

    山田が提案する紅茶の一品一品には「こんなシーンで飲んでもらいたい」というメッセージが込められ、「ティープロフィール」としてパッケージに記される。

    ティーカップの中に広がる一つの世界は、商品によって異なる表情を見せ、新しい紅茶の魅力を教えてくれる。

自分の「好き」を素直に感じて、
自由に楽しく紅茶を味わってほしい

普段から友人を自宅に招いて食事会やティーパーティーを開く山田は、美味しい料理やお菓子、そして紅茶で人を喜ばせるのが大好きだと話す。

山田:「自分のおもてなしが、相手にどう響くか、どう感じてもらえるかを試したり、その反応を見たりするのが好き」

「美味しいお茶を楽しく」。カレルチャペック紅茶店のコンセプトであり、山田の生活の楽しみ方でもある。「美味しい」も「楽しい」も感じ方は十人十色。だからこそ、チャレンジし続けるのだろう。

一番好きな紅茶は何かという問いに、しばらく考えた後、今の気分はね、と前置きしてから「すごく鮮度の高いディンブラをホットで飲みたい」と答えた。

その時一番心地よく思えるものを選べばいい。紅茶の世界は「本格」も「本物」もないからこそ、「自分の好き」を自由に感じていいんだというのが山田の理念。それは消費者にとって紅茶の世界をぐっと身近に感じさせてくれるだろう。

自由なイマジネーションを形に
これまでも、これからも…

「私の人生全て、紅茶に捧げてる」と話す山田は、プライベートでも紅茶のさまざまな淹れ方を試しては、その味の変化を確かめる。茶葉を大盛りで入れたり、蒸らし時間を短くしてみたり、反対に長くしてみたり。「なぜ美味しいのか」「なぜ不味いのか」、都度生まれる疑問の一つ一つを追求し、答えを見つけていく。

こんな紅茶を作りたい、というアイディアとイマジネーションが、次から次へと湧き出して止まらないという山田。

山田:「たぶんやりたいこと、全部やり尽くす前に、私の人生が終わっちゃうんだと思う」

そう話す視線の先には、まだ見ぬ新しい扉が無限に広がっている。

カレルチャペック紅茶店オーナー。

ティーテイスター、日本紅茶協会認定ティーインストラクター、絵本作家、イラストレーター。

山田 詩子

1987年、カレルチャペック紅茶店創業。

確かな舌と独創的なアイディアで紅茶会を牽引する紅茶のクリエイター。

クリエイティブディレクター、ティーテイスターとして、情熱とこだわりを持って紅茶の買い付けから、新商品のためのブレンドまで一貫して手がけている。

絵本作家として約30冊の著作があり、紅茶のパッケージイラストには、その商品に込めた世界観が描かれている。

page top

page top