カレルチャペック紅茶店

「おいしい紅茶をたのしく」これが私たちカレルチャペック紅茶店の、1987年以来のかわらないテーマです。
ティータイムはお菓子、お茶道具、花、本、音楽、テーブルウェア、そして語らい・・・全てです。
上質で飲みやすい紅茶・ハーブ、楽しさいっぱいの商品で、暮らしの中にいつもそんな good teatime を紹介しています。

Have a good teatime!

カレルチャペック紅茶店のはじまり

店名のカレルチャペックは、チェコの作家の名前です。

カレルチャペックは鋭い時代認識に巧みなユーモアを織り交ぜながら、「ロボット」「ダーシェンカ」「長い長いお医者さんの話」「園芸家12ヶ月」などの作品を発表。戯曲・童話・エッセイをはじめ多彩な活動を展開したひとです。

当時の国分寺店お店の名前の由来になったカレルチャペックとオーナーの山田詩子の出会いにはこのようなエピソードがあります。
山田詩子が小学校4年生の時に先生からプレゼントされた1冊の本が「長い長いお医者さんの話」。その乾いたユーモア、読み応えのある適度な固さ、それぞれちょうどいい温かさまたは冷たさを感じる話が心に即座にフィット。何より自分をよく観察し、ぴったりなものを与えてくれた先生の気持ちに感激して以来、カレルチャペックの熱心なファンです。

大学卒業後、自分の心にあるイメージやメッセージを具体的なモノにする<イメージ生産の技術>や英国紅茶文化への興味からティータイムの世界をオリジナルで作りはじめます。
友人を訪ね東京・国分寺を歩いている時に偶然出会った空き店舗。漠然とお店をやりたいと思っていましたが、家賃がとても安かったので、すぐに決断!もう一人の創業者である髙木志保と一緒に、自分たちで内装をして、カレルチャペック紅茶店はスタートしました。

ある一つのイメージ ―例えば女の子のお茶会、子供が両手マグで飲むハーブティー等― に沿って紅茶やハーブのブレンド、パッケージのデザインをする試みをしながら新しい商品を手作業で次々と作りました。
初期のころは近所の方に「趣味でやっているの?」と聞かれることもあったほど、まだまだブレンド紅茶は一般的ではありませんでした。しかし、海外の雑貨を多く扱う「ミヤケ」さんや「キャトルセゾン」さんをはじめ、徐々に商品を扱ってくださるお店も増え、1992年には吉祥寺ライヴスへの出店となりました。国分寺店は1998年に閉店しましたが、現在は6店舗の直営店、通信販売部で、年齢を問わずたくさんのお客様にティータイムを楽しむための商品をご提供しています。

お問い合わせ
Tel:0120-29-1993
Mail:karelcapek@t.email.ne.jp
※平日 10:00~17:30(土日祝を除く)
13:00~14:00はお昼休みをいただいております。
有限会社カレルチャペック
〒180-0004
東京都武蔵野市吉祥寺本町2-17-5-2F