紅茶の知識・レシピ・最新情報

カレルチャペック紅茶店、山田詩子の最新情報やレシピなどをお届けします。

カレルチャペック紅茶店 Blog

セイロンティーの特徴|紅茶の国の7つの魅力

セイロンティーの特徴

『セイロンティー』と聞くと、どのようなイメージがありますか?

ウバやディンブラといった有名な産地を思い浮かべる方もいれば、よく耳にする名前だけに「どこかの国にある、セイロン地域の紅茶」だと思われることもあります。
実はこのセイロンティーは、スリランカの旧国名『セイロン国』の名称の名残で、インド茶や中国茶のように“スリランカ産の紅茶”の総称となります。ゆえに、セイロンティーにはさまざまな種類があり、産地ごとに異なる風味を楽しめるようになっています。

map_blog

セイロン紅茶が大好き。

北海道ぐらいの大きさのスリランカですが、世界的にも有名な紅茶の産地が7つもあり、日本に輸入される紅茶の約60パーセントがセイロン紅茶となっています。
カレルチャペック紅茶店で力を入れているのも“セイロン紅茶”スリランカの各茶園をまわり、複数のパッケージによって旬のおいしさや産地ごとの味わいの違いをお届けしています。

では、紅茶の国が誇るセイロンティーの魅力について解説していきます。

世界中で飲まれている紅茶、セイロンティー

インド洋に囲まれた小さな島国である、スリランカ。日本からは、飛行機で9時間ほどの場所にあります。
もともとはコーヒー栽培が盛んな土地でしたが、コーヒーの病害やイギリス植民地時代の影響によって、130年ほど前から紅茶の栽培がスタートしました。スリランカは中央山脈を境に、西と東で雨季と乾季が正反対となる独特の風土をもつ国です。このような気候や標高の高さの違いによって、産地ごとの風味に異なる特徴をもたせています。
今や、紅茶の世界的産地にまで成長したスリランカは、世界有数の紅茶の輸出国(輸出量は世界第2位)としても知られています。日本はもちろん世界中で、身近な紅茶としてセイロンティーが親しまれています。

標高がもたらす茶葉の魅力

  茶園の標高 主な産地
ハイグロウン【高地】 1,200~2,000メートル ウバ、ヌワラエリア、ディンブラ、ウダプッセラワ
ミディアムグロウン【中地】 600~1,200メートル キャンディ
ローグロウン【低地】 600メートル以下 ルフナ、サバラガムワ
  • ハイグロウンティー【高地産の茶葉】は個性の強い茶葉が多い。深いコクや渋みに加えて、強い香りが特徴。
  • ミディアムグロウンティー【中地産の茶葉】はバランスの良い紅茶で、クセが少なく飲みやすい。
  • ローグロウンティー【低地産の茶葉】はコクや甘みがあり、濃厚でありながら飲みやすい。

セイロンティーを代表する5つの産地

blog_slirankamap
セイロンティーには、『セイロン・セブン・カインズ(Ceylon Seven Kinds)』と呼ばれる世界的にも有名な7つの産地があります。それぞれが全く異なる特徴や魅力を持った紅茶となっていますので、各産地のについて詳しく見ていきましょう。

ウバ(Uva)

世界三大紅茶の一つとしても知られる「ウバ」は、スリランカ南東部にある標高1,800メートルのハイグロウン(高地)の産地です。バラやスズランのような甘く爽やかな香り、サロメチール香と呼ばれるメントール系の香りの「ウバフレーバー」が特徴で、輝く水色の美しさとともに良質のものほど特徴が強くなります。メントール香はミルクティーにすることでフルーティーに変化し、深いコクと爽やかな香りが楽しめます。

【ウバハイランド茶園】

ウバの銘茶園・御三家のひとつ。標高は1,200メートル。
メントール香が出るのは1年に1カ月程度で、味と香りがベストな状態となるのは2週間ほどしかありません。フレーバリーシーズンだけの香りと、上質なウバの証である金色のコロナリングが特徴。

ヌワラエリア(Nuwara Eliya)

「ヌワラエリア」は、標高1,800~2,000メートルというスリランカで最も高い場所にある産地です。避暑地としても発展してきた地域ですが、昼夜の温度差は激しく、この温度差によって独特の渋みと高貴な香りを生み出しています。自生するユーカリやミントの風味も加わり、「セイロンティーのシャンパン」と称される繊細で爽やかな風味の紅茶となっています。

【ラバーズリープ茶園】

ヌワラエリアのトップ茶園で、数々の賞を受賞している人気茶園。
標高は1,910メートル、平均気温15度。
発酵の絶妙なコントロールと環境の管理によって、爽やかなキレの中にほんのりと甘さを感じる仕上げとしています。

ディンブラ(Dimbulla)

「ディンブラ」は、標高1,200~1,600メートルのハイグロウン(高地)の産地で、紅茶の栽培に最適なスリランカのなかで、最も恵まれた土壌と気候条件を有しています。フレーバリーシーズンの1~2月の茶葉は、「セイロン茶の王者」にふさわしいバラのような香りと、しっかりとした輪郭のある渋味が特徴となっています。

【グレートウエスタン茶園】

ディンブラの銘茶園・御三家のひとつで、芳香の素晴らしさに特徴をもつ茶園。
ゴージャスな花の香りは、フレーバリーシーズン特有の仕上げによるもので、夜9時頃の低温を活かした発酵も、良い香りの秘密となっています。

グレートウエスタン茶園の他にも、カレルチャペック紅茶店ではディンブラ地区の茶葉は大人気。
茶園ごとの特色に合わせた組み合わせによって、さまざまな表情の紅茶が誕生しています。

キャンディ(Kandy)

セイロン紅茶の発祥の地として有名な「キャンディ」は、標高600~1,200メートルのミディアムグロウン(中地)の産地です。バランスの良い渋みとコクで飲みやすく、ほんのりと感じるモルティ―フレーバーが特徴となっています。
クセのないスッキリとした喉ごしの紅茶は、バターたっぷりのお菓子との相性が抜群。ゆっくりと蒸らした甘いミルクティーや、コクを感じるアイスティーとしても最高です。

【ドモバガスタワラ茶園】

18世紀後半に設立された茶園で、標高は1,000メートル。
スリランカのティーボード(紅茶局)からは、「今、注目したい茶園」との評価を得ており、中地ならではのバランスの良い茶葉をつくり続けている茶園です。

ルフナ(Ruhuna)

「ルフナ」は、標高200~700メートルほどのローグロウン(低地)の産地で、セイロンティーのなかで最も低い地域で栽培されています。ローグロウンならではの濃い赤茶色の水色と、濃厚な味わいが特徴で、個性的ながらも飲みやすい紅茶となっています。ストレートはもちろん、独自の香りや甘みが残るミルクティーでもおすすめです。

【キルワナガンガ茶園】

標高410メートルのところにある、ルフナを代表する三ツ星茶園。
低地産特有のコクと甘みに加えて、高地産のようなクリアなキレを実現。じっくり蒸らすと、透明感の中に広がる黒糖のような香りと舌に転がる甘みが感じられます。

サバラガムワ(Sabaragamuwa)

「サバラガムワ」は、数年前までは「ルフナ」とされていた産地です。標高や気候の違いによってルフナとは異なる産地として新たに加えられました。カレルチャペック紅茶店では、『パンケーキティー』や『ハロウィンティー』のベースとしてサバラガムワのC.T.C.が使われています。C.T.C製法によってコクや深みが増しますが、インド茶よりもライトですっきりとした味わいが特徴です。

【セシリアン茶園】

1930年に創立された、標高300メートルのところにある三ツ星茶園。
スリランカ国内ではトップクラスの生産量を誇り、C.T.C.製法2ライン、オーソドックス製法2ラインの設備を有しています。

ウダプッセラワ(Uda Pussellawa)

ヌワラエリアとウバの中間にある「ウダプッセワラ」は、風味の違いによって新しく独立した産地です。
標高は1,500メートルほどに位置するハイグロウン(高地)の産地で、繊細さのなかに口当たりの良いマイルドさが感じられます。喉ごしの良さや、ほのかに香るメントール香が特徴です。

【リッデスデール茶園】

1929年に創立された、ウダプッセラワを代表する銘茶園。製茶工程には、日本基準の品質管理が導入されています。
2回のフレーバリーシーズンのうち1月下旬の乾季に採れるものは、バラの香りと称されるものが採れます。

The following two tabs change content below.
山田詩子
カレルチャペック紅茶店オーナー。 ティーブレンダ―、日本紅茶協会認定ティーインストラクター、絵本作家、イラストレーター。 1987年にカレルチャペック紅茶店を開業。オリジナル紅茶、ハーブティーの他、器や雑貨等の自社商品のプロデュースを全て手掛ける。 他 企業とのコラボレーションも多く、集英社ナツイチキャンペーンキャラクターやユニクロ・UTへ のデザイン提供、ロイヤルホストのメニューデザイン等、そのかわいくてどこか懐かしいイラストは、女性を中心とした幅広い層のファンにご支持いただいてます。
※ブログの内容およびレシピについては、山田詩子のオリジナルです。無断転載はお断りいたします。

関連商品 関連商品

送料無料(ゆうメール便)!! ティーバッグお試しセット

送料無料(ゆうメール便)!! ティーバッグお試しセット
1000円(税抜き)

紅茶の最高水準の意味を変えていきたい…
どこよりも新鮮な紅茶を飲んでほしい!
熱い心と行動力の紅茶マニアの紅茶店。

カレルチャペック紅茶店の紅茶のお試しセットは全部で5種類!



くわしくみる

メールマガジン