紅茶の知識・レシピ・最新情報

カレルチャペック紅茶店、山田詩子の最新情報やレシピなどをお届けします。

カレルチャペック紅茶店 Blog

おいしい紅茶の秘密 – 03 メリークリスマスティー2016 ②パッケージアートを楽しむ

2016年12月22日   山田詩子の世界

クリスマスのティータイムをもっと楽しむ秘密を探る、カレルチャペック紅茶店オーナー・山田詩子へのインタビュー。
第1回はクリスマスと紅茶の関係、カレルチャペック紅茶店のクリスマスティーのはじまり。第2回はメリークリスマスティー2016のブレンドについて。第3回の今回は茶葉のクオリティーと同じくらいファンの多い山田詩子のパッケージアートについて。ビンテージ感のあるかわいさは、全ての世代に人気があります。その発想がどこからくるのか、メリークリスマスティー2016のアートを中心に探り、あわせてそのおいしい飲み方についてお送りします。
山田詩子 - やまだうたこ

山田詩子(やまだうたこ)
1987年カレルチャペック紅茶店創業。以来そのブレのない視点と自由な発想で選ぶ紅茶で、新しい紅茶界を牽引する一人。<おいしい紅茶とは何か>と問い続け、<どこよりも卓越した品質と鮮度>で本来の産地特有の茶葉の味を残すことに執念を燃やす。そのフレーバリングのセンスで作り上げたフレーバーティーは、<飲むアロマ>として特に評価が高い。紅茶やお菓子の著書多数。絵本の著作は約30冊。 1日にテイスティング以外に飲む紅茶は15杯以上。 無類の絵本、児童書好きで蔵書は約3000冊。

物語が紅茶になるのを繋ぐアートを描く。

――メリークリスマスティー2016は、わかりやすく品のある香りですね。どんなフレーバーですか?

はい。今回は創業30周年目の記念のクリスマスでもあるんです。今までは丸い缶でしたが、スクエアー缶は、4面ありますから、それぞれに紅茶の色々な部分を表してみました。
今年のメリークリスマスティーのアートのテーマは“Christmas is together time”。
 
幼い頃、私は外が苦手で、家族が屋内にいることが多い冬が大好きでした。家に沢山ある絵本は読むというより、中に入り込んで楽しんでいました。絵本なのに1ページの滞在時間は10分以上で長かったです。それは洋書絵本が多かったからです。英語がわからないから、絵だけで物語を想像して……いわばアテレコ状態で、実にてきとうに読んでました(笑)。

――メリークリスマスティーの赤ずきんちゃんもストーリーにはうさぎはでてきませんよね?

ええ。赤ずきんちゃんとオオカミとの会話も勝手に作ってました。えらく言葉遣いの悪いオオカミだったかも(笑)。物語は一応は終わるんだけれど、もはや私は作者同然(笑)だから赤ずきんちゃんのその後もフリーダム。
実は赤ずきんちゃんは森のお姫様です、などと断定してね。多分、思いっきりシンデレラと混同していたと思う。いつになったら王子様が来るのよ?とか考えていましたから(笑)。それもあってこの缶には<実はお姫さま>な赤ずきんちゃんのコートに冠を描きました。子どもの夢をここで叶えているという……。大人は楽しいな。

――うさぎのモチーフは山田さんのアートではよく見かけますね。ずっと好きなんですか?

長く強く好きですね(笑)。卯年生まれだからかな。昔から意識して描いたり、モノを集めたりしていました。特に野うさぎがいいかな。色は白よりグレイかブラウン。大学時代には野うさぎが出てくる曲をいくつも作って演奏もしていたぐらい(笑)の度を越したうさぎ党です。
因みに本物のうさぎは飼おうと思ったことはありません。夢の中で遊ぶ相手という一方的な関係かも。

――うさぎ好きの山田さんとしては、外見の他には、どんなところに惹かれますか?

うさぎはふわふわで、かわいいから多分性格もキュートと思われているんじゃないのかな?性別もなんとなく女子だと思っているというか……。
私はむしろうさぎ本来の性格は、いたずらな男子かお茶目な女子の活発で楽しいイメージと思っています。

実際うさぎは好奇心が強く、すぐ色々なことが気になるらしいです。しかも耳が長いから情報をすぐキャッチでき、危険を察知したら、サクッと逃げる。特に野うさぎは後脚が長くて蹴りも強いから逃げ足が速い。<逃げる>って自分の身を守るって野性が強から。むしろかっこいい。あ!またもや、こんなに熱く語ってしまった。よほど大好きなモチーフだと改めて思いました(笑)。

――赤ずきんちゃんも野うさぎに乗っていますね。

<うさぎが、誰かを乗せて走る>これも、好きで何十回と描きました。このアートのうさぎの半身は手前に出してありますが、これは外の世界から来たことを表現しています。両側のクリスマスツリーも、森ではなく室内にある鉢植え風。内側から外に出て行く――つまり物語が現実になる<物語や頭の中で考えた世界が、紅茶というリアルなものになった>そんな感じです。
これに限らず私が送り出す紅茶はみんなそうですね。

――野うさぎに乗っておばあちゃんのもとへ。その続きも空想が広がりますね。よくお客さまにこれは、どういう物語の絵ですか?と聞かれるそうですね。

はい。どの紅茶のパッケージアートも物語のどこかの部分と思われます。描いている時はその絵の前後を、完全に意識しています。でもこの物語の続きは皆さんも本を閉じた後の感覚と一緒です。この紅茶を味わった後も自由に想像して頂きたいです。

――後ろの面のねずみは、どこからきたんでしょうか。彼らもまた赤ずきんには出てきませんよね?

うーん、もちろん関係ないです(笑)。
ねずみもまた好きでよく描くから、すでに自分の世界の住人ですね。小さくてどこにでも行けるいたずら者。この2匹は兄弟という設定で我が家の2人の息子たちがモデル。物語の中へもチョロチョロっと自由に出入りができる彼らが、森でクリスマスツリーにする木を切って家に持ち帰るところです。

――ロゴと模様の面はシンプルでスタイリッシュな印象ですが、星とツリーが可愛いです

ここに描いたのはキリストの誕生を示した星です。ツリーはクリスマスの象徴の中でも、源流に近いですし、今回のメリークリスマスの赤ずきんやねずみたちの物語にも、森とツリーは必要だった、そんなところから描きました。

――その裏面は文字だけですが、どんなことが書いてあるのですか?

ここは、とても作るのを楽しみにしていた面です。カレルチャペック紅茶店の原点の<おいしい紅茶はなんだろう>の答えの一つのティープロフィールです。お客様に読んでいただいて、さらに紅茶のおいしさを楽しんでほしいと思っています。

――おすすめの飲み方はありますか。

いちばんは、商品に書かれているおいしい入れ方を参考にしてみてください(公式通販サイト商品ページにも記載)。
その他でひとつ紹介したいのは、中世の祝祭日に飲まれていたホットサングリアのような飲み物。
まず紅茶を濃く出します。通常の1/2のお湯の量で5分以上蒸らします。そこへ、砂糖をたっぷり溶かして温めた赤ワインを加えます。ノンアルコールの場合はぶどうジュースかオレンジジュースで。
お好みでクローヴやスパイスを入れると、面白いです。これはぜひおしゃれな器で召し上がってください。冷やしてリキュールグラスに入れてウエルカムドリンクにしても良いですね。

――次回はホリーミルクティーについて。茶葉の秘密や飲み方など、意外な秘訣がそこにありました。お楽しみに。

The following two tabs change content below.
カレルチャペック紅茶店 バジー&ピーウィー

カレルチャペック紅茶店 バジー&ピーウィー

カレルチャペック紅茶店の人気者みつばちバジーちゃん&ピーウィーくんが 当店の最新情報をいち早くお知らせいたします。
カレルチャペック紅茶店 バジー&ピーウィー

最新記事 by カレルチャペック紅茶店 バジー&ピーウィー (全て見る)

※ブログの内容およびレシピについては、山田詩子のオリジナルです。無断転載はお断りいたします。

関連商品 関連商品

Xmasコンプリートセット*2016年クリスマスシリーズ*

Xmasコンプリートセット*2016年クリスマスシリーズ*
5500円(税抜き)

大人気!オレンジ&シナモンフレーバーのメリークリスマスティーと、カラメルフレーバーのルフナ茶にバニラの香りをプラスしたホリーミルクティー。
そして、2つの紅茶とペアのデザインでお作りしている、2種のクリスマスクッキーをセットに。
さらに、新作のゴールデンジンジャーマーマレードまで!
大満足の豪華ギフトとしてお届けします

くわしくみる

メールマガジン