紅茶の知識・レシピ・最新情報

カレルチャペック紅茶店、山田詩子の最新情報やレシピなどをお届けします。

カレルチャペック紅茶店 Blog

おいしいミルクティーをつくる4つの要素~ミルクティーいれ方Q&A

ミルクティーいれ方

こんにちは。カレルチャペック紅茶店、ティーブレンダー 山田詩子です。
ミルクティーが恋しい季節になってきました。
きょうは、簡単なようで実は奥が深い、ミルクティーの入れ方について、詳しくお話しします。

突然ですが、

  • 「おいしいミルクティー」をイメージすることができますか?
  • そして、そのイメージしたミルクティーを実際につくることができますか?

ミルクティーは、ミルク、茶葉、甘味、スパイスの4つの要素によって千差万別のものとなります。
だからこそ、ミルクティーをつくるのは難しく、また面白くもあるのです。

おいしいミルクティーを彩る4つの要素

茶葉

ミルクと合わせるので、ミルクの濃さに負けない力のある茶葉を。

ミルク

紅茶そのものの風味を消してしまわず、色がきれいに出るミルクを。

甘味

茶葉との相性がよく、全体の味の調和がとれる甘味を。

スパイス

紅茶の渋みと調和して、コクやおいしさを引き出すスパイスを。

理想のミルクティーに近づけるためには、何度もいれてみることが大切です。何度もいれることで、イメージどおりのミルクティーを思いどおりに作れるようになってください。

1. ミルク

◆ 紅茶に入れるミルクの条件

  1. 入れたときに紅茶そのものの風味を消さないこと
  2. 色がきれいなクリームブラウンになること

実は、この2つの条件にもっとも適しているのは、ごく普通の市販牛乳です。その他の牛乳の特色とも見比べながら、組み合わせ方をイメージしてみましょう。

ミルクの種類 特徴
【牛乳】 ミルクティーにもっとも適したミルク

乳脂肪3~4%くらいで、生乳以外は加えられていないもの。
現在売られているものではもっとも一般的で、おすすめです。また、ジャージー種の牛乳は加工しなくても乳脂肪が5%くらいあり味は濃くおいしいですが、生産量が少ないこともあって値段は高めです。

【低温殺菌牛乳】 生乳に近いおいしさ

牛乳のうち、61~65℃で30分加熱し殺菌したもので、乳本来の味に近いもの。
普通の牛乳は120~130℃で1~3秒加熱殺菌しており、この方法だと高温によりタンパク質の一部が変性して「牛乳臭さ」が出てしまいます。一方、低温殺菌牛乳の場合は、生乳に近いのどごしとほんのりとした甘さが感じられます。こちらも紅茶には合います。

【低脂肪乳・無脂肪乳】 紅茶にはNG

生乳から乳脂肪分を減らしたもので、乳脂肪分以外の成分は牛乳と同じです。(乳脂肪分0.5%未満のものを無脂肪乳といいます。)
低脂肪乳や無脂肪乳は軽いミルクティー向きと思われがちですが、水っぽい仕上がりになるのでおすすめできません。

【加工乳】 アッサムなどに

生乳にクリームやバター、脱脂粉乳などの乳製品を加えたもので、濃厚タイプや低脂肪タイプがあります。
乳脂肪分が4~4.5%くらいあるものは濃厚な味がしますが、コーヒー用ミルクや生クリームのように紅茶の風味を消すほどではありません。アッサムなどに向きます。

【エバミルク】 アッサムなどに

牛乳を完全殺菌したあとに濃縮したもの。
使い方によっては、おいしいミルクティーになります。

ミルクと紅茶の比率

ミルクと紅茶の比率を変えると、色も味もまったく違う仕上がりになります。イメージどおりのミルクティーにするには、比率によって変わる仕上がりにも注意しなければいけません。

4:1

  • 「軽いミルクティー」をいれるときに
  • 甘味を加えない場合やリキュールを加える場合に多い比率
  • 使うミルクは常温
3:1

  • 「濃いミルクティー」をいれるときに
  • セイロンティーや個性のあるミルクを使う場合に適しています
  • ミルクは温めたもの(ミルク200mlを電子レンジで1分程度加熱)を使います
2:1

  • 「濃いミルクティー」をいれるときに(山田詩子おすすめ比率)
  • ルフナやアッサム、フレーバリーミルクティーに適しています
  • 使うミルクは温めたもので
1:1

  • かなりミルクの持ち味を感じる。必ず「濃いミルクティー」の作り方で
  • 茶葉は味と色が強いルフナやアッサムを使い、スパイスを入れても
  • 使うミルクは温めたもので

2. 茶葉

ミルクティーには、ミルクに負けない力のある茶葉でなければなりません。
鮮度の高いセイロン紅茶。最高級のダージリンもそう。ミルクティーにしても味が残るのがその証拠。
セイロンの中でも、色の調和でいうなら、ルフナ、アッサム、ディンブラがおすすめ。色が濃く出る、しっかりとした風味のものです。

茶葉の種類 特徴
【ルフナ(スリランカ)】 新たな王道ロイヤルミルクティー

独特の黒糖のような香りを持ち、後味はクリアで、ほかにはない風味のミルクティーが楽しめます。ヴィンテージレッドの濃い水色も美しい。

【アッサム(インド)】 さっぱりミルクティー

濃い赤色にまろやかな甘みのある味。ミルクを入れてこそのクリ―ムブラウンで、軽快なミルクティーに仕上がります。

【ウバ(スリランカ)】 唯一無二の爽やかミルクティー

独特のメントール香は、ミルクと合わせると爽やかでフルーティーに。渋みがミルクと甘味で抑えられ、色も美しい黄みがかったブラウンに仕上がります。

【ディンブラ(スリランカ)】 端正な正統派ミルクティー

高地産ならではのボディがある茶葉でつくるミルクティーは、爽やかでパンチのある味わい。葉の持ち味が残るきちんと整ったミルクティーになります。

【キーマン(中国)】 お腹にやさしいミルクティー

独特の燻製香にミルクを合わせて、渋みが少なくほんのり甘いミルクティーに。特級ランクのものは、フルーティーな仕上がりになります。

【フレーバー】 バラエティーミルクティー

  1. フルーツ系:酸味+ミルクでさわやかな味わいに
    (ストロベリー、ホワイトピーチ、アールグレイなど)
  2. スウィート系:甘味を足してデザートティーとして
    (バニラ、キャラメルなど)
  3. ナッツ系:チョコレートなどのお供に
    (アーモンド、ヘーゼルナッツ、マロンなど)
  4. スパイス系:チャイが代表的。体にもよく、寒い時期に
    (ジンジャー、シナモン、ブラックペッパーなど)

3. 甘味

ミルクティーには甘味をつけた方が紅茶とミルクの調和がとれると思います。甘味にはさまざまな種類がありますが、どの甘味も個性(風味と強さ)がありますので、茶葉との組み合わせと量をよく考えて使いましょう。

甘味の種類 特徴
【グラニュー糖】 迷ったときにはこれ!

溶けやすくクセの少ない淡白な味わいのため、紅茶の甘みづけの万能選手。
(*もっとも一般的な上白糖はクセが強く、紅茶の色にも影響するため茶葉を選びます。)

【ザラメ糖】 透明感のある独特の風味

結晶がグラニュー糖より大きく、光沢のある高純度のお砂糖。
透明感のある独特の風味は、ブランデーやリキュールとともに紅茶へ。大人の楽しみ方を。

【黒糖】 強い風味と濃厚な甘さ

さとうきびの絞り汁をそのまま煮詰めたもので、独特の強い風味と濃厚な甘さがあります。
私、山田詩子は、ルフナのミルクティーを濃くじっくり楽しむときに使っています。

【てんさい糖】 天然のオリゴ糖がたっぷり

てんさい大根からつくられ、天然のオリゴ糖がたっぷりで体を温めるといわれています。
まろやかで深みのある風味は、濃いミルクティーに向きます。

【はちみつ】 おもしろい風味のミルクティーに

鉄分のため紅茶の色が黒ずみますが、花によってニュアンスがあり、おもしろい風味のミルクティーに仕上がります。いろいろなはちみつで変化を楽しんで。ただし、クセが強く紅茶の色にも影響するため、組み合わせる茶葉を選びます。

【メープルシロップ】 香ばしく、すっとした甘味

かえでの樹液を精製したシロップ。個性が強く、茶葉の風味を消してしまいがちですが、メープルフレーバーを楽しみたいときに入れます。

4. スパイス

ミルクティーにスパイスを入れると、紅茶の渋味と調和して、おいしさとコクを引き立たせてくれます。また、新陳代謝をよくするなどの体に嬉しい効果もあります。
スパイスは紅茶をいれるときにポットに加えて一緒にむらしますが、硬い皮のものが多いので、少し砕くなどして使いましょう。あらかじめスパイスを入れて15分以上煮出しておいたお湯を使うと、とっておきのスパイスミルクティーが楽しめます。

スパイスの種類 特徴
【シナモン】 ほかのスパイスを組み合わせても、単品で使ってもよい。アッサム茶に。
【ナツメグ】 使う量は、ごく少量。アッサムやルフナなどの濃いミルクティーに合います。
【クローブ】 刺激のある味のため、ごく少量を使います。濃いミルクティーに。
【カルダモン】 皮をむき、中の黒い種を使います。濃いミルクティーに。
【ジンジャー】 使いやすい味。セイロンティーの軽いミルクティーにも合う。
【ブラックペッパー】 ほかのスパイスと組み合わせても。すっきりとしたミルクティーに仕上がります。
【アニス】 すっきりとした甘味のある味。セイロンティーに。
【ベイリーフ】 紅茶の分量に合わせてカットして使います。ほかのスパイスと組み合わせて。
【バニラ】 なじみのある甘い風味。メープルシロップとも合う。
【カモミール】 ほんのひとさじで、リラックスする味と香りのミルクティーに。
【ペパーミント】 食後に楽しむ軽いミルクティーに。
【ラベンダー】 個性的な味に仕上がる。使用する量は、ごく少量。ティーパーティーのおもてなしに。

おいしいミルクティーをいれてみましょう!

イメージどおりのミルクティーにするためには、“いれ方”も大切。

◆ おいしいミルクティーのための3つのポイント

  1. 茶葉は多めに
  2. 必ずお湯の中で十分にむらす
  3. ミルクは高温になるまで温めない

ミルクティーの基本のいれ方3つをマスターしましょう!

【基本のいれ方1 – 濃いミルクティー】

※ミルクがたっぷりのものを「濃いミルクティー」というのではありません。
濃い紅茶+ミルクのことです。

濃いミルクティー

  1. 汲みたての新鮮な水を強火で沸かします。
  2. 温めたポットかカップに人数分の茶葉を多めに入れます。(ティーバッグは2個でも)
  3. ミルクの分を引いた量の沸騰したてのお湯をそそぎ、ゆっくり4~5分むらします。
  4. 軽く温めたミルク(200mlを電子レンジで1分程度)を加え、さらに2分むらします。
  5. 茶葉をこします。(ティーバッグは取り除く)

*むらし時間が長いので、ポットやカップの下にマットを敷いて熱が逃げないようにしましょう。
*おすすめの紅茶:ルフナ、アッサム、ディンブラ、ダージリンオータムナル

【基本のいれ方2 – 軽いミルクティー】

※軽いミルクティーでも、葉の持ち味を最大限に引き出しましょう。

軽いミルクティー

  1. 汲みたての新鮮な水を強火で沸かします。
  2. 温めたポットかカップに、人数分の茶葉またはティーバッグを入れます。
  3. 沸騰したてのお湯を入れ、ゆっくり2~4分むらします。
  4. 茶葉をこします。(ティーバッグは取り除く)
  5. 常温のミルクを入れたカップにそそぎます。

*むらし時間が長いので、ポットやカップの下にマットを敷いて熱が逃げないようにしましょう。
*濃厚牛乳やコーヒー用クリーム、生クリームだと紅茶の風味が消えてしまいますので避けましょう。
*おすすめの紅茶:ウバ、ディンブラ、ダージリン2ndフラッシュ

【基本のいれ方3 – お鍋で本格チャイ】

※ポイントは、茶葉を入れてからお湯を沸騰させないこと。ミルクの温度にも気を配れば、紅茶の風味をしっかりと残したおいしいチャイに。

お鍋で本格チャイ

  1. 小鍋にお湯を沸かし、沸騰したら弱火にします。このときにスパイスを投入しても。
  2. 小鍋に人数分の茶葉を多めに入れます。(ティーバッグは2個でも)
  3. 火を止め、フタをして3分待ちます。少し苦くなりますが、沸騰させないように弱火で2分煮出す方法もあります。
  4. ミルクと砂糖を入れ、ごく弱火で1分程度、沸騰直前で火からおろします。

*茶葉は水から入れず、沸かしたお湯に入れます。
*ミルクは最後に入れ、ミルクの中で茶葉を煮出さないようにします。
*ミルクが高温になると独特の匂いが出るので、スパイス入りがおすすめです。
*おすすめの紅茶:ルフナ、アッサム、サバラガムワ

おいしいミルクティーにするために<Q&A>

カップにミルクを入れるのは先?それとも後?
ミルクと紅茶の比率にもよりますが、ミルクは先に入れます。
ミルクティーのおいしさは、紅茶のうまみ成分とミルクのカゼインという成分が化学的に混じり合い、コクとうまみを作り出しているから。
熱い紅茶にミルクを入れると、ミルクの温度が急上昇して「ミルク臭さ」が出てしまいます。最初にミルクを入れて、ゆっくりと紅茶をそそぐことで温度の急上昇を防ぎます。
ミルクティーに適したミルクの温度は?
濃いミルクティーの場合は57℃前後です。(200mlのミルクを電子レンジで1分、お鍋なら3分程度)
60℃ぐらい… 表面にできた膜に乳脂肪などの成分が付着し、残りのミルクの味が薄まる。
76~78度… ミルク臭さがでてくる。
*軽いミルクティーの場合は常温でかまいません。
ミルクに葉を入れて煮出さないの?
ミルクに含まれるガセインという成分が、葉をカプセル状に包んでしまいます。そのため、ミルクの中でむらすと紅茶のおいしい成分が出ません。
理想のミルクティーをいれるためには?
何度もいれることで、イメージどおりのミルクティーがつくれるようになります。1回でできるようになるなんて思わないこと。ぜひ、何度もいれることで自分好みのオリジナルレシピを完成させてみてください。

ひとことで「おいしいミルクティー」といっても、気分によって変わるもの。スパイスやミルクの量によって重く感じることもあります。
私自身の経験ですが、ミルクティーをお鍋でつくって焦がしたことがあります。煮出すというのは結構難しくて、加熱のしすぎによってイオウ成分が出てしまったのでした。
また、自分では「うまくできた!」と思ったのに、ミルクの量が多くて、まるでホットミルクのようになってしまって大失敗!ということもありました。
また、色が出ていないと、見た目にも残念なミルクティーになってしまいます。やはり視覚で感じるおいしさというのもとっても大切なのです。

ミルクティーは材料がシンプルだから、10回くらいの経験ではパーフェクトなものは作れないと思っています。けれどそこがとても面白い。茶葉の選び方(鮮度)が完璧だったとしても、飲む人の気分というか、そのときの好み、という点で目指すミルクティーが変わるわけですから、その点で難しいといえます。
私自身、茶葉本来の味を生かした「究極のミルクティーができた!」と思ったのに、お菓子といっしょに口にしてみたら・・「??」というようなこともありました。
紅茶とお菓子のマリアージュについては、また別の機会にゆっくりお話ししたいと思います。

The following two tabs change content below.
山田詩子
カレルチャペック紅茶店オーナー。 ティーブレンダ―、日本紅茶協会認定ティーインストラクター、絵本作家、イラストレーター。 1987年にカレルチャペック紅茶店を開業。オリジナル紅茶、ハーブティーの他、器や雑貨等の自社商品のプロデュースを全て手掛ける。 他 企業とのコラボレーションも多く、集英社ナツイチキャンペーンキャラクターやユニクロ・UTへ のデザイン提供、ロイヤルホストのメニューデザイン等、そのかわいくてどこか懐かしいイラストは、女性を中心とした幅広い層のファンにご支持いただいてます。
※ブログの内容およびレシピについては、山田詩子のオリジナルです。無断転載はお断りいたします。

関連商品 関連商品

コクとキレの理想的融合 シュープリームルフナ

コクとキレの理想的融合 シュープリームルフナ
550円(税抜き)

キルワナガンガ茶園はティーボード(スリランカ紅茶局)の3つ星茶園の称号を持つルフナの代表的銘茶園。
低地産特有のコク・甘みと高地産のようなクリアなキレを併せ持つ理想的な仕上げです。
ストレートはもちろんミルクティーでも香りがしっかり主張。
透明感の中に広がる黒糖のような香りと舌に転がる甘味をお楽しみください。

くわしくみる

メールマガジン